ボルティモア発 〓 ボルティモア交響楽団の首席オーボエ奏者が楽団のセクハラ調査をめぐって提訴

2018/09/19

米国のメディアがボルチモア交響楽団の首席オーボエ奏者キャスリーン・ネーデルマン(Katherine Needleman)が14日、米国の平等雇用機会委員会に差別訴訟を起こしたと報じている。彼女はコンサートマスターのジョナサン・カーネイ(Jonathan Carney)からの性的な誘いを拒否したことに対して報復を受けており、彼女の訴えに基づいて行われたオーケストラの調査、処分が不十分としている。

ネーデルマンは1978年の生まれ。フィラデルフィアのカーティス音楽院で学び、2003年の国際リードソサエティーによるジレ=フォックス国際コンクール(Gillet-Fox Competition)に優勝、ボルチモア交響楽団の首席奏者に就任した。

米国での報道によると、2005年の欧州ツアー中、カーネイは午前3時過ぎにネーデルマンの部屋を訪れ、性的な関係を求めたという。彼女がそれを拒否すると、直後から演奏前のチューニング時に邪魔されるなどの嫌がらせが始まったという。カーネイからの嫌がらせについては事件直後から数回、オーケストラにも報告。オーケストラは今年3月、独立した法律事務所に捜査を依頼し、その結果、カーネイに特別な処分はなかった。

カーネイは1963年生まれの、アメリカのヴァイオリニスト。ニューヨークのジュリアード音楽院を卒業後、ロンドンの王立音楽大学で学び、1991年にウラディーミル・アシュケナージの推挙によりロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとなり、並行して1994年から2000年までボーンマス交響楽団のコンサートマスターを務め、2002年にボルティモア交響楽団のコンサートマスターに就任した。

写真:KatherineNeedleman.com

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  2. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  3. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  4. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  5. タリン発 〓 エストニア国立「アルヴォ・ペルト・センター」がオープン

  6. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。