ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

2019/01/03

ベルリンにある3つのオペラハウスの“興行成績”が年末に発表された。それによると、ベルリン・ドイツ・オペラ(Deutsche Oper Berlin)、ベルリン州立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)、コーミッシェ・オーパー(Komische Oper Berlin)の3つの歌劇場はどこもオペラとコンサートで20万人以上を集めており、ドイツ統一時に心配された共倒れはどこ吹く風の勢いだ。

集客数がいちばん多かったのは、ベルリン・ドイツ・オペラで243,500人。公演数は319から290に減ったが、逆に集客は6,600人増えている。ただ、入場率は前年の76.7%から73.2%に低下した。入場率のトップはベルリン州立歌劇場で92%。2018年は劇場の建物の大改装が終わって再開場した最初の年で、約300公演で235,000人を呼び込んだ。一方、コーミッシェ・オーパーは前年より2公演少ない239公演で、220,000人を超える集客。入場率も88.7%と、こちらも9割近い。

写真:Staatsoper Unter den Linden

関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  2. インディアナポリス発 〓 第10回「インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール」で外村理紗が2位

  3. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナー

  4. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  5. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  6. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  7. ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

  8. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  9. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  10. サンタンデール音楽祭 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  11. ロサンゼルス発 〓 9月公開の映画「Bel Canto」にルネ・フレミング

  12. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  13. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  14. ストックホルム発 〓 ヴァイオリンのアンネ=ゾフィー・ムターに「ポーラー音楽賞」

  15. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。