訃報 〓 ヘルムート・シュテルン(91)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

2020/03/23
【最終更新日】2023/02/16

長くベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1ヴァイオリンの首席奏者(副コンサートマスター)を務めたヘルムート・シュテルン(Hellmut Stern)が21日に亡くなった。91歳だった。ベルリン・フィルには1961年1994年まで在籍、定年退職している。

シュテルンは1928年、ベルリン生まれのユダヤ人。1938年11月にユダヤ人を排斥する「水晶の夜」が起きると、10歳で家族と共に満州国に亡命した。

満州ではバーで演奏して生計を助け、後に朝比奈隆率いるハルビン交響楽団でも活動。1949年、建国されたばかりのイスラエルに向かい、キング・デイビッド・ホテルのバーのピアニストとして働いてところを、ヴァイオリニストのアイザック・スターンに見出されてイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団に入団した。

1956年には米国に渡り、セントルイスなどで活動。その後、フリッツ・ライナー(Fritz Reiner)率いるシカゴ交響楽団のオーディションに合格したが、移住したばかりで市民権がなく、ユニオンにも加盟していなかったことから入団は適わず、1961年にはドイツに戻ってベルリン・フィルに入団した。

1988年、週刊誌『デア・シュピーゲル』が「お金の魔術師」という記事を掲載。芸術監督のヘルベルト・フォン・カラヤンとベルリン・フィルの台湾ツアーをめぐり、ツアーを仕切っているマネージメント会社が台湾側に法外な報酬を要求したと報道された。

その際、台湾の知人からの手紙を元にカラヤンとマネージメント会社を批判。以来、アンチ・カラヤン派のリーダー的な存在となったことで知られる。

カラヤンとベルリン・フィルの楽団員は、1982年に起きたクラリネット奏者のザビーネ・マイヤーの入団をめぐる対立以来ぎくしゃくした関係にあり、台湾問題が吹き出したことで関係はさらに悪化。1989年のカラヤンの電撃的な辞任に繋がった。

退団後、自伝『Saiten sprung』を出版。日本でも眞鍋圭子訳『ベルリンへの長い旅 ― 戦乱の極東を生き延びたユダヤ人音楽家の記録』として刊行されている。

写真:Deutsche Fotothek / Morgenstern, Klaus




関連記事

  1. インディアナポリス発 〓 準・メルクルがインディアナポリス響の音楽監督に

  2. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  3. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  4. トロント発 〓 グスターボ・ヒメノが音楽監督を務めるトロント響との契約を延長

  5. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、新しい「リング・チクルス」がスタート

  6. モスクワ発 〓 グネーシン音楽学校の教員とキーシン、トリフォノフら卒業生がプーチン支持のホフロフ校長に抗議声明

  7. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  8. パリ発 〓 コミック座が2021年の公演ラインナップを発表

  9. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  10. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が《マノン・レスコー》の公演で、マリア・アグレスタの代役にアンナ・ネトレプコを起用

  11. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  12. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  13. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  14. ドルトムント発 〓 2023年の「オペラ・アワード」決定

  15. ウィーン発 〓 オーストリア音楽劇場賞の受賞式が市庁舎で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。