訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ, ポーランドの作曲家

2020/03/29
【最終更新日】2020/03/30

ポーランドの作曲家クシシュトフ・ペンデレツキ(Krzysztof Penderecki)が3月29日、南部の古都クラクフの自宅で亡くなった。86歳だった。

1933年、クラクフから東へ100キロのデンビツアの生まれ。20世紀を代表する現代作曲家の一人で、十二音技法を経て、トーン・クラスターなどを使った前衛的スタイルで注目を集め、その後、宗教的作風に転換、とりわけ宗教オラトリオの大作などで高い名声を得てきた。

国際的な活動の第一歩は、1959年に行われたポーランド作曲家同盟の第2回「青年作曲家コンクール」での同時受賞。この時、《ストローフ》が第1位、《ダビデ詩篇》と《放射》が第2位に入り、3作品が同時受賞した。翌年、それらがワルシャワの秋音楽祭、ドナウエッシンゲン音楽祭で初演され、国際的にも一躍注目を集めた。

1960年代には《広島の犠牲者に捧げる哀歌》、《カノン》、《聖ルカ伝受難曲》、《怒りの日》といった代表作となる作品を次々に発表した。

1970年代に入ってからは、作曲家のかたわら、教育者、指揮者としても活躍。1972にはクラクフ音楽大学の学長に就任(-1987)している。

ウイリアム・フリードキン監督の『エクソシスト』、スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』、ブラザーズ・クエイ監督『マスク』など、その音楽が使われている映画も多い。

米国のグラミー賞を4度獲得している他、1983年のポーランド国家賞など受章多数。日本でも2004年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞している。

写真:Damian Klamka / East News






関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  3. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  4. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  7. コペンハーゲン発 〓 デンマーク王立管の首席客演指揮者にパオロ・カリニャーニ

  8. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  9. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

  10. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  11. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  13. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  14. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  15. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。