訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ, ポーランドの作曲家

2020/03/29
【最終更新日】2020/03/30

ポーランドの作曲家クシシュトフ・ペンデレツキ(Krzysztof Penderecki)が3月29日、南部の古都クラクフの自宅で亡くなった。86歳だった。

1933年、クラクフから東へ100キロのデンビツアの生まれ。20世紀を代表する現代作曲家の一人で、十二音技法を経て、トーン・クラスターなどを使った前衛的スタイルで注目を集め、その後、宗教的作風に転換、とりわけ宗教オラトリオの大作などで高い名声を得てきた。

国際的な活動の第一歩は、1959年に行われたポーランド作曲家同盟の第2回「青年作曲家コンクール」での同時受賞。この時、《ストローフ》が第1位、《ダビデ詩篇》と《放射》が第2位に入り、3作品が同時受賞した。翌年、それらがワルシャワの秋音楽祭、ドナウエッシンゲン音楽祭で初演され、国際的にも一躍注目を集めた。

1960年代には《広島の犠牲者に捧げる哀歌》、《カノン》、《聖ルカ伝受難曲》、《怒りの日》といった代表作となる作品を次々に発表した。

1970年代に入ってからは、作曲家のかたわら、教育者、指揮者としても活躍。1972にはクラクフ音楽大学の学長に就任(-1987)している。

ウイリアム・フリードキン監督の『エクソシスト』、スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』、ブラザーズ・クエイ監督『マスク』など、その音楽が使われている映画も多い。

米国のグラミー賞を4度獲得している他、1983年のポーランド国家賞など受章多数。日本でも2004年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞している。

写真:Damian Klamka / East News






関連記事

  1. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  2. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  4. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  5. 訃報 〓 ケネス・ギルバート, カナダ出身のチェンバロ奏者

  6. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  7. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  8. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  9. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  10. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  11. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  12. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  13. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  14. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  15. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。