ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

2018/11/14

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester)がヴィオラの首席奏者に韓国生まれのキム・サラ(Sara Kim)を起用することになった。キムは1988年、韓国の生まれ。7歳で両親とロシアに移住、モスクワのグネーシン音楽大学を卒業した。2006年からベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学び、2013年からドイツのブラウンシュヴァイク州立劇場管弦楽団の首席奏者。2016年からはバイロイト祝祭管弦楽団にも参加しており、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でも過去、ゲストとして招かれて首席奏者を務めている。

写真:http://www.sarakimviola.com / Moritz Küstner


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  2. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  3. 訃報 〓 アンナー・ビルスマ, オランダのチェロ奏者

  4. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  5. コルドバ発 〓 コルドバ管弦楽団が芸術監督にカルロス・ドミンゲス=ニエト

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  7. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  8. ボローニャ発 〓 ダニエレ・ガッティがモーツァルト管弦楽団の音楽監督に

  9. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  10. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  11. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  12. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  13. サバンナ発 〓 原田慶太楼が米国サバンナ・フィルハーモニックの音楽・芸術監督に

  14. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  15. ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。