ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

2018/11/14

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester)がヴィオラの首席奏者に韓国生まれのキム・サラ(Sara Kim)を起用することになった。キムは1988年、韓国の生まれ。7歳で両親とロシアに移住、モスクワのグネーシン音楽大学を卒業した。2006年からベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学び、2013年からドイツのブラウンシュヴァイク州立劇場管弦楽団の首席奏者。2016年からはバイロイト祝祭管弦楽団にも参加しており、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でも過去、ゲストとして招かれて首席奏者を務めている。

写真:http://www.sarakimviola.com / Moritz Küstner


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ブエノスアイレス発 〓 バレンボイムが聴衆に我慢できず演奏中断

  3. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  4. シドニー発 〓 オペラハウスに映し出された広告が物議

  5. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  6. ローマ発 〓 復活ガッティが不整脈でダウン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。