ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

2018/09/19

ドイツのハレ州立劇場が2019/2020シーズンから、音楽総監督にフランスの指揮者アリアーヌ・マティアクを迎えると発表した。ザーレ川沿いの街ハレは別名ザーレとも呼ばれるライプツィヒに近い街で、岩塩の採掘地として有名。音楽ファンには作曲家ヘンデルの出生地として親しまれ、現地では毎年6月上旬にヘンデル音楽祭が開催されている。

マティアクは1980年の生まれ。ピアノと声楽を学んだ後、ウィーン音楽演劇大学(University of Music and Performing Arts Vienna)で指揮を学んだ。その後、エマニュエル・クリヴィヌ、アルミン・ジョルダン、ジェームズ・コンロンらのアシスタントを務めて研鑽を積んだ。2008年にロンドン交響楽団が主宰するドナテッラ・フリックLSO指揮コンクールのファイナリストとなって活躍の場を広げてきた。

写真:ArianeMatiakh.com / Marco Borggreve

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  2. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  3. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  4. モンペリエ発 〓 シュトゥッツマン率いる「オルフェオ55」が活動を停止

  5. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  6. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  7. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  8. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  9. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  11. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 今年の「バッハ・メダル」はピアニストのロバート・レヴィン

  12. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  13. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  14. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  15. プラハ発 〓 2019年の「オペラリア」はプラハで開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。