ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

2018/09/19

ドイツのハレ州立劇場が2019/2020シーズンから、音楽総監督にフランスの指揮者アリアーヌ・マティアクを迎えると発表した。ザーレ川沿いの街ハレは別名ザーレとも呼ばれるライプツィヒに近い街で、岩塩の採掘地として有名。音楽ファンには作曲家ヘンデルの出生地として親しまれ、現地では毎年6月上旬にヘンデル音楽祭が開催されている。

マティアクは1980年の生まれ。ピアノと声楽を学んだ後、ウィーン音楽演劇大学(University of Music and Performing Arts Vienna)で指揮を学んだ。その後、エマニュエル・クリヴィヌ、アルミン・ジョルダン、ジェームズ・コンロンらのアシスタントを務めて研鑽を積んだ。2008年にロンドン交響楽団が主宰するドナテッラ・フリックLSO指揮コンクールのファイナリストとなって活躍の場を広げてきた。

写真:ArianeMatiakh.com / Marco Borggreve

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  2. マグデブルク発 〓 ワーグナー《ニーベルングの指環》のヴォータン役に女性歌手!?

  3. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  5. ブリュッセル発 〓 マーク・グレイの《フランケンシュタイン》を世界初演

  6. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。