ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

2019/03/19

国際的な活躍を続けてきた英国のバリトン歌手トーマス・アレン(Thomas Allen)がオペラの舞台から引退することになった。16日に上演されるモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》への出演が、長く出演を続けてきたロイヤル・オペラ・ハウスでは最後の舞台になるという。今回も当たり役のドン・アルフォンソを演じる。1944年、英国シーアム生まれの74歳。1999年にナイトに叙せられている。

アレンはロンドンの王立音楽院で学び、1969年にウェルシュ・ナショナル・オペラで《セビリヤの理髪師》のフィガロ役を演じてプロ・デビューした。ロイヤル・オペラ・ハウスにデビューしたのは1971年。この時はブリテン「ビリー・バッド」のドナルド役を演じている。その後、ドン・ジョヴァンニ役が評判を取り、ウィーン国立歌劇場、スカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場といった名門の歌劇場に次々にデビュー。ザルツブルク音楽祭でも活躍し、演技派のリリック・バリトンとして国際的な活躍を続けてきた。

写真:Highgate School


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  2. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  3. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  4. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  5. オタワ発 〓 ワリス・ジウンタが「ジョン・フリーダ」のCMに

  6. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。