ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

2018/11/05

スペイン北西部ビーゴの街で行われている国際ピアノ・コンクールが来年、「アルゲリッチ・エディション」として行われることになった。ビーゴは大西洋に面し、スペイン最大の漁港がある街として知られる。。年齢制限のないコンクールは2017年の創設。毎年行われており、来年で3回目を迎える。2018年のコンクールは4月16日から20日にかけて行われ、審査員はアルゲリッチ以下、ネルソン・フレイエ、パブロ・ガルド、セルジオ・ティエンポ、タマーシュ・ヴァーシャーリという顔ぶれで行われる。

写真:Verbier Festival


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  2. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  3. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  4. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  5. サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

  6. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。