ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ・トリオ部門で、日本の「葵トリオ」が優勝

2018/09/18

ミュンヘン国際音楽コンクール(Internationaler Musikwettbewerb der ARD)のピアノ・トリオ部門で15日、3組によるファイナルが行われ、日本の葵トリオ(ピアノ:秋元孝介、ヴァイオリン:小川響子、チェロ:伊東裕)が第1位に選ばれた。この部門で日本人が優勝するのは初めて。コンクールはドイツ公共放送連盟(ARD)の主催で、今回が67回。国際コンクールの中でも最も権威のあるコンクールとして知られている。年によって審査部門が変わるのが特徴。今年は声楽、ヴィオラ、トランペット、ピアノ・トリオの4部門が行われている。

一方、声楽部門はロシアのメゾ・ソプラノ、ナタリア・ボエヴァが第1位に輝いた。第2位はスイスのバス、ミラン・ジルヤノフ。第3位をスウェーデンのソプラノ、イルヴァ・ソフィア・シュテンベルイ、中国のテノール、雷明傑(Mingjie Lei)が分け合った。トランペット部門は、オーストリアのセリーナ・オットが女性奏者として初の優勝。ヴィオラ部門の第1位は中国の梅第揚(Diyang Mei)、第3位に日本の近衛剛大が入賞した。近衛はオランダ在住の20歳。祖父は日本のオーケストラ界の発展に尽力した指揮者の秀麿。

写真:Aoi Trio

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  2. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

  4. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  6. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。