大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

2018/11/14

セクシャル・ハラスメント問題で指揮活動から遠ざかっているシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)が来年5月、大阪フィルハーモニー交響楽団に客演することになった。大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団が13日に行った共同記者発表で明らかになったもの。会見では来年度のスケジュールがそれぞれ発表されたが、それによると、デュトワが指揮するのは2019年5月23日、24日のコンサート。会場はフェスティバルホールで、ベルリオーズの序曲《ローマの謝肉祭》、ラヴェルの《ダフニスとクロエ》第2組曲、ベルリオーズの幻想交響曲。

写真:Chicago Symphony Orchestra / Alex Garcia


関連記事

  1. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  2. 上海発 〓 指揮者のロン・ユイと上海交響楽団がドイツ・グラモフォンと専属契約

  3. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  4. ジェノヴァ発 〓 ダニエラ・デッシー通り制定へ

  5. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  6. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。