大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

2018/11/14

セクシャル・ハラスメント問題で指揮活動から遠ざかっているシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)が来年5月、大阪フィルハーモニー交響楽団に客演することになった。大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団が13日に行った共同記者発表で明らかになったもの。会見では来年度のスケジュールがそれぞれ発表されたが、それによると、デュトワが指揮するのは2019年5月23日、24日のコンサート。会場はフェスティバルホールで、ベルリオーズの序曲《ローマの謝肉祭》、ラヴェルの《ダフニスとクロエ》第2組曲、ベルリオーズの幻想交響曲。

写真:Chicago Symphony Orchestra / Alex Garcia


関連記事

  1. 北京発 〓 故宮で「ドイツ・グラモフォン」創立120年記念コンサート

  2. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  3. シカゴ発 〓 サンフランシスコ響の楽団員、シカゴ響の楽団員のストを支援

  4. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  5. ザルツブルク発 〓 イースター音楽祭総裁のペーター・ルジツカに名誉カップ

  6. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。