大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

2018/11/14

セクシャル・ハラスメント問題で指揮活動から遠ざかっているシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)が来年5月、大阪フィルハーモニー交響楽団に客演することになった。大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団が13日に行った共同記者発表で明らかになったもの。会見では来年度のスケジュールがそれぞれ発表されたが、それによると、デュトワが指揮するのは2019年5月23日、24日のコンサート。会場はフェスティバルホールで、ベルリオーズの序曲《ローマの謝肉祭》、ラヴェルの《ダフニスとクロエ》第2組曲、ベルリオーズの幻想交響曲。

写真:Chicago Symphony Orchestra / Alex Garcia


関連記事

  1. 北京発 〓 ピアノの一斉演奏でギネス記録を更新

  2. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  3. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  4. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  5. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  6. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の開幕コンサートをライブ放送

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。