シカゴ発 〓 シカゴ響の楽団員によるストライキに終止符

2019/04/30

シカゴ交響楽団(Chicago Symphony Orchestra)の楽団員によるストライキにようやく終止符が打たれることになった。来週にも公演が再開される予定。ストライキが始まったのは3月11日。午前8時からオーケストラ・ホールのドア前にピケット・ラインを張った。この間、ホールが使えないことから他のオーケストラの公演もすべてキャンセルされ、ホール内のカフェなども営業できない状況が続いていた。また、音楽監督のリッカルド・ムーティが楽団員を訪問したり、他のオーケストラがストライキに連帯を表明して支援金を寄付したりと、影響が広がっていた。シカゴ響のストライキとしては1992年の15日間を抜いて過去最長。

労使の対立は、給与のアップ額と年金システムの変更をめぐって。経営側は、年金をめぐっては確定給付制度から直接拠出型制度に移行すると提案。給与については、年間基本給を3シーズンかけて5%アップさせると表明していたが、これに組合側が反発、話し合いが続いていた。事態が進展しないことを心配したシカゴ市のラーム・エマニュエル市長が労使を仲介。最低賃金を今後5年間で15%アップさせること、年金については楽員側が折れ、経営側が提案した確定給付制度から直接拠出型制度に移行することで合意した。

写真:Chicago Symphony Musicians


関連記事

  1. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  3. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  4. ザルツブルク発 〓 イースター音楽祭総裁のペーター・ルジツカに名誉カップ

  5. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  6. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  7. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン, ドイツのヴァイオリン奏者

  8. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  9. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  10. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットが存続の危機?

  11. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  13. サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

  14. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  15. 東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。