ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

2018/10/26

指揮者でバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)の首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が体調を崩し、11月のコンサートをすべてキャンセルした。11月前半に地元のガスタイクで行うコンサートは、シモーネ・ヤング、クリスティアン・マチェラル、マンフレート・ホーネックが代役を務める。後半のアジア・ツアー(台湾、日本、韓国)は、ズービン・メータが(Zubin Mehta)が代役を務める。

Photo:Bayerischen Rundfunk


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  2. ロンドン発 〓 フレミングが英国でもミュージカル・デビュー

  3. ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

  4. ニューヨーク発 〓 作曲家のタン・ドゥンがバード音楽院のトップに

  5. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  6. 上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。