ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

2018/10/26

指揮者でバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)の首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が体調を崩し、11月のコンサートをすべてキャンセルした。11月前半に地元のガスタイクで行うコンサートは、シモーネ・ヤング、クリスティアン・マチェラル、マンフレート・ホーネックが代役を務める。後半のアジア・ツアー(台湾、日本、韓国)は、ズービン・メータが(Zubin Mehta)が代役を務める。

Photo:Bayerischen Rundfunk


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  2. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  3. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  5. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。