ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

2018/10/26

指揮者でバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)の首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が体調を崩し、11月のコンサートをすべてキャンセルした。11月前半に地元のガスタイクで行うコンサートは、シモーネ・ヤング、クリスティアン・マチェラル、マンフレート・ホーネックが代役を務める。後半のアジア・ツアー(台湾、日本、韓国)は、ズービン・メータが(Zubin Mehta)が代役を務める。

Photo:Bayerischen Rundfunk


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. [ 新作オペラFLASH 2018 ]バイロイト音楽祭 〓 ローエングリン

  2. エカテリンブルク発 〓 オペラ・バレエ劇場の首席指揮者にコンスタンチン・チュドノフスキー

  3. ピッツバーグ発 〓 ピッツバーグ交響楽団が音楽監督のマンフレート・ホーネックとの契約を延長

  4. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  5. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。