マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

2018/11/03

クラリネット奏者、指揮者、作曲家として活躍するドイツのイェルク・ヴィトマン(Jörg Widmann)に第4回「ロベルト・シューマン賞」が授与された。賞は2012年の創設で、2年ごとにドイツのマインツの科学・文学アカデミーが詩や音楽の分野で優れた業績を残した人物に贈っている。初回の受賞者はピエール・ブーレーズで、2014年はヴォルフガング・リーム、2016年はアリベルト・ライマン。賞金は15,000ユーロ(約193万円)。彼の“絶え間ない好奇心”が高く評価されている。

ヴィトマンは1973年、ミュンヘン生まれ。ミュンヘン音楽演劇大学、ジュリアード音楽院でクラリネットを学び、現在まで多くの指揮者、オーケストラと重ねてきた。その一方、11歳から作曲の勉強を始め、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ、ヴォルフガング・リームらに師事。これまでザルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭、ウィーン・コンツェルトハウス、クリーヴランド管弦楽団などのコンポーザー・イン・レジデンスを務めている。2009年からフライブルク音楽院作曲科教授。2017年からアイルランド室内管弦楽団首席指揮者、バレンボイム・サイード・アカデミーの作曲科教授。

写真:Bildquelle: Marco Borggreve


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  2. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  3. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  4. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  6. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立歌劇場との契約延長

  7. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  8. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  9. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  10. 北京発 〓 故宮で「ドイツ・グラモフォン」創立120年記念コンサート

  11. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  12. 東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

  13. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  14. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  15. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。