ウィーン発 〓 コニエチュニーに「宮廷歌手」の称号

2019/01/18

バス・バリトン歌手のトマス・コニエチュニー(Tomasz Konieczny)に16日、オーストリア政府から「宮廷歌手」の称号が授与された。コニエチュニーは1972年、ポーランド中央部のウッチの生まれ。ポーランド第2の都市ウッチはポーランド最大の工業都市で、映画産業の中心地。アンジェイ・ワイダ監督、ロマン・ポランスキ監督、クシシュトフ・キェシロフスキ監督らを輩出したポーランド唯一の映画アカデミーが置かれ、コニエチュニーは最初、そこで演劇を学んだ。卒業後、ワイダ監督の「鷲の指環」で映画界にデビュー。その後はテレビや映画の俳優、ディレクターとして活動した。

その後、ワルシャワのショパン音楽院とドレスデン音楽大学で声楽を学んでオペラの世界に。1997年にポズナニ歌劇場の《フィガロの結婚》でデビューし、翌年の第33回「ドヴォルザーク国際声楽コンクール」に入賞して、マンハイム国民歌劇場やライン・ドイツ・オペラと専属契約を交わした。2008年、ワーグナー《ジークフリート》のアルベリヒ役でウィーン国立歌劇場にデビュー。劇場によれば、ウィーン国立歌劇場ではこれまでに17演目で160回を超える出演を重ね、21の役を演じてきたという。

写真:Wiener Staatsoper

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

  3. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  4. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  5. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が初の米国ツアー

  6. 訃報 〓 フランスの名テノール、ミシェル・セネシャル死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。