ハノーバー発 〓 第10回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」はカナダのティモシー・チョイ

2018/10/27

ハノーバーで開催されていた第10回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール(Internationaler Joseph Joachim Violinwettbewerb, Hannover」で、カナダのティモシー・チョイ(Timothy Chooi)が優勝した。5万ユーロ(約640万円)の他、1765年製のグァダニーニの貸与、国際デビューのための12回のコンサートへの出演の機会が与えられる。チョイはヴィクトリア生まれの24歳で、カーティス音楽院、ジュリアード音楽院で学んでいる。2位はウクライナのドミトロ・ウドヴィチェンコ(Dmytro Udovychenko)、3位はフランスのコシマ・スール・ラリビエール(Cosima Soulez Larivière)。また、4位は日本の福田廉之介(Rennosuke Fukuda)、5位はドイツのレナード・フー(Leonard Fu)、6位が韓国のユージン・リー(Youjin Lee)だった。

コンクールはニーダー・ザクセン財団がハノーファーゆかりのヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)を記念して創設したもの。ヨアヒムは指揮者、作曲家としても活躍した往年のヴァイオリニストで、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演したことでも知られる。第1回のコンクールは1991年に行われ、3年に1度の開催。2018年は10月9日に開幕。一次予選には32人が参加した。一次審査、二次審査を経て、6人のファイナリストが本選に進み、22日と23日に弦楽四重奏団の第一ヴァイオリンを務める審査が行われ、25日、26日にアンドルー・マンゼ指揮のハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団と協奏曲を演奏した。審査員はサルヴァトーレ・アッカルド、アンドレイ・ビーロフ、ターニャ・ドルン、堀正文、キョン・サン・リー、パヴェル・ヴェルニコフら12人。

写真:Joseph Joachim International Violin Competition Hanover


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  2. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  3. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  5. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  6. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。