ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

2018/04/29
【最終更新日】2018/08/21

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が26日、2018/2019シーズンの公演プログラムを発表した。2018/2019シーズンは、芸術監督がサイモン・ラトルからキリル・ペトレンコ(=Photo)に切り替わるシーズン。プレス・リリースによると、シーズン中に行うコンサートの数は121、オペラ公演は6。コンサートのうちの90公演、オペラ公演のうちの2公演を本拠地のフィルハーモニーで行う。本拠地を離れたツアーで行うコンサートは29回。イースター時期のバーデン=バーデン音楽祭では、コンサートとオペラ公演を4回ずつ行う。

ベルリン・フィル・デビューを飾る指揮者は、ヤクブ・フルシャ、ミヒャエル・ザンデルリング、コンスタンティノス・カリーディスの3人。ソリストは、カロリン・ヴィトマン(ヴァイオリン)、マリアンヌ・クレバッサ(メゾ・ソプラノ)、セドリック・ティベルギアン(ピアノ)、ポール・ルイス(ピアノ)、マルティン・グルービンガー(パーカッション)。また、久々に客演する指揮者として、サカリ・オラモ、ワレリー・ゲルギエフの名前が挙がっている。「今年のアーティスト」にはロシアのピアニスト、ダニール・トリフォノフが、「今年の作曲家」にはイギリスのジョージ・ベンジャミンが選ばれている。
写真:Berliner Philharmoniker


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  2. ハンブルク発 〓 難民たちに州立歌劇場が《ナブッコ》のコーラスへの参加呼びかけ

  3. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  4. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  5. シカゴ発 〓 リリック・オペラのストライキが収束へ

  6. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  7. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  8. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがバレンボイムに名誉指揮者の称号

  10. チューリヒ発 〓 ゲザ・アンダ国際ピアノコンクールでクレア・フアンチが優勝

  11. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  12. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  13. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  14. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  15. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。