マグデブルク発 〓 ワーグナー《ニーベルングの指環》のヴォータン役に女性歌手!?

2018/10/19

ドイツ・マグデブルク劇場がワーグナーの楽劇《ワルキューレ》の公演で、ヴォータン役に“女性歌手”が起用されて話題を集めている。起用されたのは、バリトン歌手のルチア・ルーカス(Lucia Lucas)。米国サクラメント生まれの37歳。トランスジェンダー(心と体の性が一致しない)であることを2014年5月にカミングアウトし、それから“女性歌手”として活動を続けている。今年5月には、米国オクラホマ州のタルサ・オペラで、“女性歌手”として《ドン・ジョヴァンニ》の主役を歌い、米国デビューも果たした。マグデブルク劇場の《ワルキューレ》は9月9日に初日を迎えた今シーズンの開幕公演。指揮は音楽総監督のキンボー・イシイ、演出はヤコブ・ペーター=メッサーで、11月にも公演が行われる。ドイツでの報道によると、劇場関係者は、ヴォータンが“女性歌手”によって歌われたのはこれまで例がない、としている。

写真:https://www.facebook.com/lucialucas.de




関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  3. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  4. ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

  5. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  6. ロンドン発 〓 テノールのキム・ベグリーがオペラからの引退を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。