サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

2019/01/12

エド・デ・ワールト(Edo de Waart)がカリフォルニア州のサンディエゴ交響楽団の首席客演指揮者に就任することになった。任期は次シーズンから3年間。デ・ワールトは1941年、アムステルダム生まれの78歳。現在は米国ウィスコンシン州在住。世界の主要オーケストラのほとんどすべてを指揮している他、バイロイト、ザルツブルク音楽祭にも出演している。オーケストラを育て上げることに長けている「オーケストラ・ビルダー」として知られ、これまで数多くのオーケストラの音楽監督、首席指揮者を務め、その数は現役の指揮者の中で最多とも言われるほど。2016年からはニュージーランド交響楽団の音楽監督を務めている。

これまで歴任してきた主なポストは以下の通り。ロッテルダム・フィルの音楽監督(1973 – 1985)、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督(1977 – 1985)、ミネソタ管弦楽団の首席指揮者(1986 – 1995)、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1989 – 2004)、シドニー交響楽団の首席指揮者(1995 – 2004)、ネーデルラント・オペラの首席指揮者(1999 – 2004)、香港フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2004 – 2012)、ミルウォーキー交響楽団の音楽監督(2009 – 2016)、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011 – 2016)。

写真:Bach Cantatas Website


関連記事

  1. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  2. クリーブランド 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  3. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  4. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

  5. オタワ発 〓 オタワ交響楽団が3Dプリンター製のヴァイオリンでコンサート

  6. 訃報 〓 指揮者のロジェストヴェンスキー死去

  7. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  8. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  9. ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

  10. エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

  11. BBCプロムス 〓 公演DVD発売:ゲルギエフ & ミュンヘン・フィル

  12. ロンドン発 〓 サントリーホールの30周年記念委嘱作品に音楽賞

  13. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  15. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。