サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

2019/01/12

エド・デ・ワールト(Edo de Waart)がカリフォルニア州のサンディエゴ交響楽団の首席客演指揮者に就任することになった。任期は次シーズンから3年間。デ・ワールトは1941年、アムステルダム生まれの78歳。現在は米国ウィスコンシン州在住。世界の主要オーケストラのほとんどすべてを指揮している他、バイロイト、ザルツブルク音楽祭にも出演している。オーケストラを育て上げることに長けている「オーケストラ・ビルダー」として知られ、これまで数多くのオーケストラの音楽監督、首席指揮者を務め、その数は現役の指揮者の中で最多とも言われるほど。2016年からはニュージーランド交響楽団の音楽監督を務めている。

これまで歴任してきた主なポストは以下の通り。ロッテルダム・フィルの音楽監督(1973 – 1985)、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督(1977 – 1985)、ミネソタ管弦楽団の首席指揮者(1986 – 1995)、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1989 – 2004)、シドニー交響楽団の首席指揮者(1995 – 2004)、ネーデルラント・オペラの首席指揮者(1999 – 2004)、香港フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2004 – 2012)、ミルウォーキー交響楽団の音楽監督(2009 – 2016)、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011 – 2016)。

写真:Bach Cantatas Website


関連記事

  1. 上海発 〓 イスラエル・フィルの中国公演がキャンセル

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第13週、第14週

  3. 訃報 〓 世界的なソプラノ歌手、モンセラート・カバリェ

  4. 浜松発 〓 若手演奏家のためのピアノ・アカデミー再スタートへ

  5. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  6. マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

  7. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  8. ロンドン発 〓 テノールのキム・ベグリーがオペラからの引退を発表

  9. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  10. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

  12. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  13. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  14. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。