サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

2019/01/12

エド・デ・ワールト(Edo de Waart)がカリフォルニア州のサンディエゴ交響楽団の首席客演指揮者に就任することになった。任期は次シーズンから3年間。デ・ワールトは1941年、アムステルダム生まれの78歳。現在は米国ウィスコンシン州在住。世界の主要オーケストラのほとんどすべてを指揮している他、バイロイト、ザルツブルク音楽祭にも出演している。オーケストラを育て上げることに長けている「オーケストラ・ビルダー」として知られ、これまで数多くのオーケストラの音楽監督、首席指揮者を務め、その数は現役の指揮者の中で最多とも言われるほど。2016年からはニュージーランド交響楽団の音楽監督を務めている。

これまで歴任してきた主なポストは以下の通り。ロッテルダム・フィルの音楽監督(1973 – 1985)、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督(1977 – 1985)、ミネソタ管弦楽団の首席指揮者(1986 – 1995)、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1989 – 2004)、シドニー交響楽団の首席指揮者(1995 – 2004)、ネーデルラント・オペラの首席指揮者(1999 – 2004)、香港フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2004 – 2012)、ミルウォーキー交響楽団の音楽監督(2009 – 2016)、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011 – 2016)。

写真:Bach Cantatas Website


関連記事

  1. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  2. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

  4. ボローニャ発 〓 ダニエレ・ガッティがモーツァルト管弦楽団の音楽監督に

  5. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  6. ミュンヘン発 〓 ヨナス・カウフマンが結婚式

  7. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  8. ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

  9. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  10. ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールが閉幕

  11. 東京発 〓 カラスのドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス」12月から日本で公開

  12. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  13. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  14. ボルティモア発 〓 ボルティモア交響楽団の首席オーボエ奏者が楽団のセクハラ調査をめぐって提訴

  15. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。