ニューヨーク発 〓 作曲家のタン・ドゥンがバード音楽院のトップに

2018/12/24

中国を代表する現代作曲家の譚盾(Tan Dun)が米国のバード大学の音楽学部長に就任することになった。バード大学はニューヨーク州北部に広大なキャンパスを持つ名門校で、第二次世界大戦当時にはナチス・ドイツから逃れてきたハンナ・アーレントなどの知識人らに職場を提供したことで知られる。音楽学部はバード音楽院(Bard College Conservatory of Music)の名称で知られ、オペラからバロック、現代音楽と幅広いコースがあり、学部生として音楽とリベラルアーツ両方の学士号を取得できる5年間の「デュアル・ディグリープログラム」が有名。ジョン・ケージ・トラストの本部が学内にあり、現代音楽教育にも力を入れている他、全米では珍しい中国音楽研究所なども併せ持つ。

譚は1957年、中国湖南省の省都、長沙の生まれ。文化大革命時の「下放政策」で人民公社での生活をおくった後、北京の中央音楽学院で学び、1985年からニューヨークへ居を移してコロンビア大学の博士課程に入学。中国の土着音楽、クラシック音楽、ニューヨークで学んだ現代音楽の要素を取り入れた独特の作風を確立。1997年には香港返還式典のための「交響曲1997天地人」を作曲している他、映画「グリーン・デスティニー」の音楽で2001年の第73回アカデミー賞作曲賞を受賞、2008年にはグーグルからの依頼を受けて「YouTubeシンフォニー・オーケストラ」のために「インターネット交響曲第一番《英雄》を作曲と、広いジャンルの音楽を手掛けてきた。

写真:http://tandun.com/


    Click here for details ▷


関連記事

  1. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  2. マルメ発 〓 次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ

  3. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の代役続々

  4. ロンドン発 〓 クラリネットのアンドリュー・マリナーが引退

  5. モンペリエ発 〓 シュトゥッツマン率いる「オルフェオ55」が活動を停止

  6. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場、2018/2019シーズンのプログラミングを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。