ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

2019/08/14

ベルリン・ドイツ交響楽団(Deutsches Symphonie-Orchester Berlin)が新しいコンサート・マスターにロシア生まれのマリーナ・グローマン(Marina Grauman)を起用することを決めた。2019/2020シーズンから。マリーナは現在、24歳。サンクト・ペテルブルク音楽院とカラヤン・アカデミーで学び、現在はベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でウルフ・ヴァリーンの下で研鑽を積んでいる。ミュンヘン国際音楽コンクールなど、コンクールでの受賞歴多数。マーヴィン・トリオのメンバーでもある。

ベルリン・ドイツ交響楽団は1946年、西ベルリンのアメリカ軍占領地区放送局(Rundfunk im amerikanischen Sektor RIAS)のオーケストラとして設立された。その名称から、日本ではかつて、「RIAS放送交響楽団」とも呼ばれた。初代首席指揮者にはフェレンツ・フリッチャイが就任して高い人気を博した。1956年には「ベルリン放送交響楽団」と改称したが、ドイツの再統一後の1993年、東ベルリンに「ベルリン放送交響楽団」があったことから現在の名称に改称した。

写真:Deutsches Symphonie-Orchester Berlin


関連記事

  1. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  2. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  3. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルのコンサートマスターも女性に

  4. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  5. サンタンデール音楽祭 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  6. 訃報 〓 フランスの名テノール、ミシェル・セネシャル死去

  7. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  8. フランクフルト発 〓 エベーヌ四重奏団に「フランクフルト音楽賞」2019

  9. モスクワ発 〓 指揮者のクルレンツィスにギリシャ政府がフェニックス勲章

  10. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  11. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  12. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  13. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。