ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

2018/05/19
【最終更新日】2018/08/21

ハンブルク州立歌劇場が、2018/2019シーズンのラインナップを発表した。プレミア上演(新演出上演)は以下の通り。ジョージ・ベンジャミン、フィリップ・マインツなどの作品が目を惹く。また、シーズン中にワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作の通し上演が予定されている。ハンブルク州立歌劇場は2015/2016シーズンから、演出家のジョルジュ・デルノンが総裁、ケント・ナガノが首席指揮者を務めている。

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
9月16日 – 29日, 2018
指揮:セバスティアン・ルーラン
演出:ヘルベルト・フリッチュ


シューマン《ゲーテのファウストからの情景》
11月3日 – 17日, 2018
指揮:ケント・ナガノ
演出:アヒム・フライヤー


グルック《オルフェオとエウリディーチェ》
2月9日 – 19日, 2019 / 6月23日, 2019
指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ
演出:ジョン・ノイマイヤー
 ※ シカゴ・リリック・オペラ、ロサンゼルス・オペラとの共同制作


ヴェルディ《ナブッコ》
3月17日 – 4月5日, 2019
指揮:パオロ・カリニャーニ
演出:キリル・セレブレンニコフ


ベンジャミン《愛と暴力の教訓》
4月13日 – 20日, 2019
指揮:ケント・ナガノ
演出:ケイティ・ミッチェル


マインツ《テレーズ》
5月19日 – 22日, 2019
演出:ジョルジュ・デルノン
指揮:ニコラ・アンドレ


……………………………………………………………………………
ワーグナー《ニーベルングの指環》通し上演
ラインの黄金:10月30日 – 11月4日, 2018
ワルキューレ::11月11日 – 11月16日, 2018
ジークフリート:11月18日 – 11月23日, 2018
神々の黄昏:11月25日 – 12月2日, 2018
指揮:ケント・ナガノ
演出:クラウス・グート
出演:リーゼ・リンドストローム / アンドレアス・シャーガー / シュテファン・ミリング / ジョン・ルンドグレン / ロバート・ディーン・スミス / ドリス・ゾッフェル


写真:Staatsoper Hamburg

関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

  2. モントルー・ヴヴェイ9月音楽祭 〓 アルゲリッチがデュトワに助け船

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  5. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  6. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。