ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

2018/10/22

18日から行われていたドナウエッシンゲン音楽祭が21日に閉幕した。ドナウエッシンゲンはドイツ南西部、バーデン= ヴュルテンベルク州のシュヴァルツヴァルト(黒い森)地域に位置する町。音楽祭は1921年の創設で、世界屈指の現代音楽の音楽祭としてしられる。現在は南西ドイツ放送(SWR,Südwestrundfunk)の主催。今年の音楽祭では22の作品が初演され、およそ250人のミュージシャン(13のアンサンブル、5人のサウンドアーティスト、6人の指揮者、23人の作曲家)が参加した。来年は10月17日から20日の開催。来年はオーケストラ作品を取り上げることになっており、ミヒャエル・ペルツェル (Michael Pelzel)、ジェラール・ペソン (Gérard Pesson)、シモン・ステン=アナーセン (Simon Steen-Andersen)のオーケストラ作品が演奏される。

写真:SWR Classic / Oliver Reuther


    楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  2. BBCプロムス 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  3. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  4. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  5. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。