ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

2018/07/31

今年で創設25周年を迎えたヴェルビエ音楽祭で、出演者のキャンセルが相次いでいる。テノールのマルセロ・プエンテが11日に体調不良で降板したのを皮切りに、ヴァイオリンのジャニーヌ・ヤンセン、チェロのゴーティエ・カプソン、アマンダ・フォーサイスが続いた。その後も、パメラ・フランクが出演をとり止め、マスタークラスは中止。さらにここにきて、3つのコンサートを指揮する予定だったイヴァン・フィッシャーもキャンセルした。キャンセルの連鎖はそれで終わらず、続いて、プロコフィエフの協奏曲2曲を演奏するはずだったピアニストのデニス・マツーエフまで降板する事態に陥っている。キャンセルの理由は全員が体調不良。フィッシャーのコンサートは3回のコンサートは、ガボール・タカーチ=ナジ、フランソワ・ロペス=フェレール(ヘスス・ロペス・コボスの息子)が指揮することが決まり、残りの一つはサイモン・ラトルに依頼しているという。また、マツーエフの代役はジャン=エフラム・バヴゼ、ダニール・トリフォノフが務めることになった。

写真:Verbier festival


    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  3. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  4. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  5. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  6. ロンドン発 〓 「クイーンズ・シアター」が「スティーヴン・ソンドハイム・シアター」に

  7. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナー

  8. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスが心臓手術で休養

  9. バイロイト音楽祭 〓 来年2019年にアブダビと東京に引っ越し公演

  10. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  11. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  12. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  13. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  14. 訃報 〓 ロシアの作曲家、指揮者、ヴィアチェスラフ・オフチニコフ

  15. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。