ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

2018/07/31

今年で創設25周年を迎えたヴェルビエ音楽祭で、出演者のキャンセルが相次いでいる。テノールのマルセロ・プエンテが11日に体調不良で降板したのを皮切りに、ヴァイオリンのジャニーヌ・ヤンセン、チェロのゴーティエ・カプソン、アマンダ・フォーサイスが続いた。その後も、パメラ・フランクが出演をとり止め、マスタークラスは中止。さらにここにきて、3つのコンサートを指揮する予定だったイヴァン・フィッシャーもキャンセルした。キャンセルの連鎖はそれで終わらず、続いて、プロコフィエフの協奏曲2曲を演奏するはずだったピアニストのデニス・マツーエフまで降板する事態に陥っている。キャンセルの理由は全員が体調不良。フィッシャーのコンサートは3回のコンサートは、ガボール・タカーチ=ナジ、フランソワ・ロペス=フェレール(ヘスス・ロペス・コボスの息子)が指揮することが決まり、残りの一つはサイモン・ラトルに依頼しているという。また、マツーエフの代役はジャン=エフラム・バヴゼ、ダニール・トリフォノフが務めることになった。

写真:Verbier festival


    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  2. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

  3. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー, オーストリアのフルート奏者

  4. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオパー)、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  6. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  7. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  8. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  9. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  10. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がドミンゴの劇場デビュー50周年を祝福

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  12. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  13. マルメ発 〓 次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ

  14. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響がマーラーの交響曲全曲演奏をストリーミング配信

  15. モンペリエ発 〓 シュトゥッツマン率いる「オルフェオ55」が活動を停止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。