フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/04/26
【最終更新日】2018/08/21

フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表した。歌劇場の音楽総監督(GMD)はセバスティアン・ヴァイグレ。新演出上演は、世界初演のウヴェ・ディアクセン《Mina》を含めて12作品。現代作品が多く、ピーター・エトヴェス、オルガ・ノイヴィルト、フランツ・シュレーカー、ジャン=カルロ・メノッティ、ブルーノ・マデルナらの作品が取り上げられる。それらに上演にトラムの車庫を再生した「ボッケンハイマー・デポ」も使われる。

ピーター・エトヴェス《スリー・シスターズ》=フランクフルト初演
2018年9月9日
指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス / ニコライ・ペーターゼン
演出:ドロテア・キルシュバウム


オルガ・ノイヴィルト《ロスト・ハイウェイ》=ドイツ初演
2018年9月12日 ※ボッケンハイマー・デポ
指揮:カルステン・ヤヌシュケ
演出:ユヴァル・シャロン


チャイコフスキー《イオランタ》=フランクフルト初演
ストラヴィンスキー《エディプス王》

2018年10月28日
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:リディア・スタイアー


ヴェルディ《海賊》=コンサート型式
2018年11月7日
指揮:フランチェスコ・ランツィロッタ


ベッリーニ《清教徒》
2018年12月2日
指揮:ティート・チェッケリーニ
演出:ヴァンサン・ブサール


ヴェルディ《運命の力》
2019年1月27日
指揮:ヤデル・ビニャミーニ / ガエタノ・デスピノーサ
演出:トビアス・クラッツァー


ディアクセン《Mina》=世界初演
2019年2月2日 ※ボッケンハイマー・デポ
指揮:ウヴェ・ディアクセン
演出:ウテ・エンゲルハート


スメタナ《ダリボル》
2019年2月24日
指揮:ステファン・ゾルテス
演出:フロレンティーネ・クレッパー


シュレーカー《はるかなる響き》
2019年3月31日
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:ダミアーノ・ミチェレット


ヘンデル《ロデリンダ》
2019年5月12日
指揮:アンドレーア・マルコン
演出:クラウス・グート


シマノフスキー《ロジェ王》
2019年6月2日
指揮:シルヴァン・カンブルラン
演出:ヨハネス・エラス


マデルナ《サテュリコン》=フランクフルト初演
メノッティ《ミディアム》=フランクフルト初演

2019年6月15日 ※ボッケンハイマー・デポ
指揮:シモーネ・ディ・フェリス / ニコライ・ペーターゼン
演出:ネリー・ダンカー / ハンス・ワルター・リヒター


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  2. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  3. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

  4. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  5. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  6. ニューヨーク発 〓 シカゴ響のストライキへの支援の輪広がる

  7. フランクフルト発 〓 エベーヌ四重奏団に「フランクフルト音楽賞」2019

  8. ロンドン発 〓 ラトルが隠れた名作をディナー・パーティーでゲット!?

  9. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  10. パレルモ発 〓 テアトロ・マッシモの音楽監督にオメール・メイア・ヴェルバー

  11. オランジュ音楽祭 〓 2018年のスケジュール発表

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート、シルヴィア・カレッドゥ退団へ

  13. ロサンゼルス発 〓 首席オーボエ奏者のオルテガ=クエロが就任早々にロサンゼルス・フィルを退団

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  15. 訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア, オーストリアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。