クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

2018/12/07

ロシアのクラスノヤルスクの空港にバリトン歌手ディミトリー・ホフストフスキー(Dmitri Hvorostovsky)の名前が付けられることになった。ホフストフスキーは昨年11月22日、脳腫瘍との2年半の戦いの末にロンドン市内の病院で亡くなった。55歳、惜しまれる死だった。名前が付けられるのは1980年に開港した国際空港、イェメリャノヴォ空港(Yemelyanovo International Airport)。彼の生まれ故郷クラスノヤルスクの北西27キロにある。

ホフストフスキーはクラスノヤルスク芸術大学を卒業後、クラスノヤルスク国立オペラ・バレエ劇場で活動。1987年のグリンカ国際声楽コンテスト(ロシア)、1988年のトゥールーズ国際声楽コンクール(フランス)、1989年のBBCカーディフ国際声楽コンクール(英国)で次々に優勝。1994年からはロンドンに拠点を移し、シームレスなレガートと情熱的な声で多くのオペラ・ファンを魅了し、著名なオペラハウスに出演を重ねた。1995年にはロシアから人民芸術家の称号が贈られている。

写真:Sputnik / Anton Denisov


関連記事

  1. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  2. タングルウッド音楽祭 〓 2019年の音楽祭のスケジュールを発表

  3. 北京発 〓 ピアノの一斉演奏でギネス記録を更新

  4. 上海発 〓 指揮者のロン・ユイと上海交響楽団がドイツ・グラモフォンと専属契約

  5. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  6. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  7. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  8. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  9. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン, 米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  10. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 今年の「バッハ・メダル」はピアニストのロバート・レヴィン

  11. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  13. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  14. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。