バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

2018/07/25

ワレリー・ゲルギエフが来年2019年のバイロイト音楽祭にデビューすることが発表された。指揮するのは《タンホイザー》で、演出はトビアス・クラッツァー(Tobias Kratzer)。歌手陣は、タンホイザーにステファン・グールド(Stephen Gould)、エリーザベトにリゼ・ダヴィドセン(Lise Davidsen)、ヴェーヌスにエカテリーナ・グバノヴァ(Ekaterina Gubanova)という布陣。

写真:Mikkeli Music Festival / Laura Luostarinen

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  3. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  4. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立歌劇場との契約延長

  5. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

  6. ヒルヒェンバッハ発 〓 南ヴェストファーレン・フィルが首席指揮者にナビル・シェハタ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。