バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

2018/07/25

ワレリー・ゲルギエフが来年2019年のバイロイト音楽祭にデビューすることが発表された。指揮するのは《タンホイザー》で、演出はトビアス・クラッツァー(Tobias Kratzer)。歌手陣は、タンホイザーにステファン・グールド(Stephen Gould)、エリーザベトにリゼ・ダヴィドセン(Lise Davidsen)、ヴェーヌスにエカテリーナ・グバノヴァ(Ekaterina Gubanova)という布陣。

写真:Mikkeli Music Festival / Laura Luostarinen

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  2. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  3. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  4. ドレスデン発 〓 ヤノフスキがドレスデン・フィルの首席指揮者へ、2度目の登板

  5. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の音楽祭の概要を発表

  6. インスブルック古楽音楽祭 〓 チェスティ・バロック・オペラ国際声楽コンクール終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。