バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

2018/07/25

ワレリー・ゲルギエフが来年2019年のバイロイト音楽祭にデビューすることが発表された。指揮するのは《タンホイザー》で、演出はトビアス・クラッツァー(Tobias Kratzer)。歌手陣は、タンホイザーにステファン・グールド(Stephen Gould)、エリーザベトにリゼ・ダヴィドセン(Lise Davidsen)、ヴェーヌスにエカテリーナ・グバノヴァ(Ekaterina Gubanova)という布陣。

写真:Mikkeli Music Festival / Laura Luostarinen

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 来年2019年にアブダビと東京に引っ越し公演

  2. インスブルック古楽音楽祭 〓 チェスティ・バロック・オペラ国際声楽コンクール終了

  3. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  4. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  5. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 パルジファル

  6. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。