ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

2019/05/15

ライプツィヒ・バッハ資料財団(Bach-Archiv Leipzig)の新しい会長にオランダの指揮者トン・コープマン(Ton Koopman)が就任することになった。英国の指揮者ジョン・エリオット・ガーディナーの後任。ガーディナーは2014年から2018年まで会長を務めた。

財団はバッハ没後200年の1950年の設立。現在はライプツィヒ大学の附属機関で、音楽家ヨハン・ゼバスティアン・バッハに関する研究の頂点に位置する。ライプツィヒ・バッハ音楽祭、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールの他、文書館、バッハ博物館を運営している。

写真:Müpa Budapest


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  2. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  3. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  4. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  5. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  6. パレルモ発 〓 テアトロ・マッシモの音楽監督にオメール・メイア・ヴェルバー

  7. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  8. サンタンデール音楽祭 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  9. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  10. ルツェルン音楽祭 〓 リッカルド・シャイーが音楽祭との契約を延長

  11. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  12. プラハ発 〓 ドミンゴ主宰の「オペラリア2019」が閉幕

  13. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  14. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  15. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。