アムステルダム発 〓 ハイティンクが引退を表明

2019/06/13
【最終更新日】2019/08/29

ベルナルト・ハイティンク(Bernard Haitink)が12日発売のオランダの日刊紙「デ・フォルクスラント」のインタビューで指揮活動からの引退を明らかにした。ハイティンクは1929年、アムステルダム生まれの90歳。ハイティンクはこの夏、ザルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するが、9月6日のルツェルンでの演奏会が最後の指揮になるという。

アムステルダムでは、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団との、この15日の演奏会が最後になるという。ハイティンクは1955年に次席指揮者に就任、その後、1957年から首席指揮者を務め、1961年にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(当時はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)の首席指揮者に抜擢され、世界的な活躍が始まった。

写真:Royal Concertgebouw Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの次期首席指揮者にエドワード・ガードナー

  2. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ・トリオ部門で、日本の「葵トリオ」が優勝

  3. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  4. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  5. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

  6. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー交響楽団の音楽監督に謙=デイヴィッド・マズア

  7. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  8. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  9. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  10. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン, ドイツのヴァイオリン奏者

  11. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  12. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  13. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  14. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  15. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。