カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

2018/09/12

カナダのカルガリーで行われていた第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール=Honens International Piano Competition」が終了、今年はジョージア(旧グルジア)のピアニスト、ニコラス・ナモラゼ(Nicolas Namoradze)が受賞者に選ばれた。1991年に慈善家エスター・ホーネンスによって設立されたコンクールは、賞金が100,000カナダ・ドル(約850万円)と高額で、受賞者には3年間のキャリアアップ・プログラムが与えられる。ナモラゼは1992年、ジョージアの首都トビリシ生まれの26歳。12歳からハンガリーのリスト音楽院で学び、その後、イタリアのフィエーゾレ音楽学校で母国の先輩エリソ・ヴィルサラーゼに師事している。

コンクールは3年に一度の開催で、出場できるのは20歳から30歳。伝統的なコンクールとはスタイルが違い、ベルリン、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨークの4都市で、事前の書類審査で選ばれた50人のピアニストが自分の考えたプログラムを同じ条件で演奏した上、インタヴューを受け、その録画で予備審査が行われる。ステージ・パフォーマンスに加え、プログラム構成力、観客とのコミュニケーション能力も同時にチェックするのが目的。本選はカルガリーで行われ、10人が出場するが、伴奏能力も問われるのが特徴。過去の受賞者にはドミトリー・チェチェーリン、ドミトリー・チェチェーリン、クシシュトフ・ヤブウォンスキ、ウィンストン・チョイ、ロベルト・プラーノ、パヴェル・コレスニコフらがいる。

写真:Honens International Piano Competition

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  2. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  3. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  4. タングルウッド音楽祭 〓 ボストン交響楽団がシャルル・デュトワに贈った「クーセヴィツキー賞」を取り消し

  5. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  6. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響がマーラーの交響曲全曲演奏をストリーミング配信

  7. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  8. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が2019/2020シーズンのラインナップを発表

  9. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレ、2018/2019シーズン概要を発表

  10. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  12. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  13. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  14. 上海発 〓 第3回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」が概要発表

  15. ロサンゼルス発 〓 ギレンホール主演でバーンスタインの生涯を映画化

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。