サンクトペテルブルク発 〓 デュトワがサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に

2018/09/12
【最終更新日】2018/09/13

ロシアのサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(St.Petersburg Philharmonic Orchestra)が2018/2019シーズンから、シャルル・デュトワを首席客演指揮者に迎えると発表した。最初のコンサートは2019年5月。デュトワは1977年から2002年までカナダのモントリオール交響楽団の音楽監督を務めたが、昨年12月に4人の音楽家からその期間中にセクハラ被害を受けたと告発された。それを受け、英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督などのポストを次々に辞任した。サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団はソ連時代のレニングラード・フィルハーモニー交響楽団。長く音楽監督を務めた名指揮者エフゲニー・ムラヴィンスキーに率いられ、ソ連最高のオーケストラとされた名門。デュトワの復権に繋がるか注目される。

写真:St.Petersburg Philharmonic Orchestra

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. 浜松発 〓 若手演奏家のためのピアノ・アカデミー再スタートへ

  2. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  3. アムステルダム発 〓 ホルンのケイティ・ウーリーがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者に

  4. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  5. 訃報 〓 ドミニク・アルジェント, 米国の作曲家

  6. カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。