ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

2018/03/29

ウィーン交響楽団が29日、2021/2022シーズンからコロンビア出身の指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andrés Orozco-Estrada)を首席指揮者に迎えると発表した。2014年から首席指揮者を務めるフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)の後任。ジョルダンは2020年からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任する。

オロスコ=エストラーダは1977年、コロンビア第二の都市で西部の中心地メデジン生まれ。ウィーン国立音楽大学でウーロシュ・ラヨヴィチに指揮を学び、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者(2009 – 2015)の後、2014年からフランクフルト放送交響楽団の首席指揮者、2015年からヒューストン交響楽団の音楽監督を務めている。

関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  2. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年夏の音楽祭のプログラムを発表

  4. 北京発 〓 ピアノの一斉演奏でギネス記録を更新

  5. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  6. リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。