アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

2018/10/03

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が来年2月に行う米国ツアーの指揮者にダニエル・ハーディング(Daniel Harding)を起用することが明らかになった。セクハラ疑惑が浮上したことで首席指揮者を解任されたダニエレ・ガッティの代役。2月の米国ツアーは9日から15日にフロリダのネイプルスの他、シカゴ、ワシントン、ニューヨークを回る。ソリストはピエール=ローラン・エマール。

ハーディングは1975年、英国オックスフォード生まれの43歳。2016/2017シーズンから若くしてパリ管弦楽団の音楽監督に務めているが、2019年の任期切れをもって辞任することを表明している。今回の起用でハーディングがガッティの後任候補として急浮上したとみる向きもある。ただ、ハーディングはかつて、バイロット・ライセンス取得のため、パリ管を離れてからしばらく活動を休止したいと希望していると伝えられている。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  2. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  3. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  4. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

  6. ピッツバーグ発 〓 ピッツバーグ交響楽団が音楽監督のマンフレート・ホーネックとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。