アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

2018/10/03

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が来年2月に行う米国ツアーの指揮者にダニエル・ハーディング(Daniel Harding)を起用することが明らかになった。セクハラ疑惑が浮上したことで首席指揮者を解任されたダニエレ・ガッティの代役。2月の米国ツアーは9日から15日にフロリダのネイプルスの他、シカゴ、ワシントン、ニューヨークを回る。ソリストはピエール=ローラン・エマール。

ハーディングは1975年、英国オックスフォード生まれの43歳。2016/2017シーズンから若くしてパリ管弦楽団の音楽監督に務めているが、2019年の任期切れをもって辞任することを表明している。今回の起用でハーディングがガッティの後任候補として急浮上したとみる向きもある。ただ、ハーディングはかつて、バイロット・ライセンス取得のため、パリ管を離れてからしばらく活動を休止したいと希望していると伝えられている。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  2. 金沢発 〓 オーケストラ・アンサンブル金沢の新しい音楽監督にミンコフスキ

  3. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  4. ボローニャ発 〓 ダニエレ・ガッティがモーツァルト管弦楽団の音楽監督に

  5. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  6. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の代役続々

  7. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  8. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  10. 訃報 〓 フレデリック・L・ヘムケ, 米国のサクソフォン奏者

  11. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  12. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  13. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  15. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。