訃報 〓 ハンス・コックス, オランダの作曲家

2019/03/05

オランダを代表する作曲家の一人、ハンス・コックス(Hans Kox)が亡くなった。亡くなったのは2月25日で、85歳だった。調性は残しつつも十二音技法を取り込んだ作風で知られる。。1953年にガウデアムス国際音楽週間で作曲家としてデビュー。作品は交響曲からオペラまで多岐に渡り、150曲以上を作曲した。代表作に管弦楽曲「コンチェルタンテ・ムジーク」、「あの頃は」、「ヨーロッパへのレクイエム」などがある。

コックスは1930年、オランダ東部アーネムの生まれ。聖歌隊の指揮者でオルガン奏者だった父親から音楽の手ほどきを受けた後、ユトレヒト音楽院に進学。その後、アムステルダムに移って作曲を学んだ。1956年から1971年までドゥーティンヘムの音楽学校で教鞭を執った。その後、ハーレムに移って北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団(Noordhollands Philharmonisch Orkest)の顧問に就任。ユトレヒト音楽院の教授を1984年まで務めていた。

写真:Marieke Duijsters


関連記事

  1. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  2. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  3. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  4. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  5. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  7. 東京発 〓 第18回「東京国際音楽コンクール」指揮部門で沖澤のどか優勝

  8. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  9. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  10. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  11. ダラス発 〓 ダラス交響楽団の次期音楽監督にファビオ・ルイージ

  12. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  13. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  15. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。