プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

2018/09/08

プラハ国民歌劇場が次期芸術監督に、ノルウェー国立オペラの前の芸術監督で演出家のペール・ボーイ・ハンセン(Per Boye Hansen)を招くことを決めた。任期は2019/2020シーズンから。ハンセンは1957年、オスロ生まれの60歳。地元の首都大学で演劇学を学んだ後、ドイツのエッセンでオペラ演出を学んでいる。オペラ界に入ってからは、ベルリンのコミッシェオパーのキャスティング・ディレクター、演出家として活動。その後、ベルゲン・インターナショナル・フェスティバルの監督を経て、2012年から2017年までノルウェー国立オペラの芸術監督を務めた。

写真:Erlend Aas / NTB scanpix

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

  2. タリン発 〓 エストニア国立「アルヴォ・ペルト・センター」がオープン

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. シカゴ発 〓 リリック・オペラのストライキが収束へ

  5. 東京発 〓 大野和士が東京都交響楽団との契約を延長

  6. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。