アムステルダム発 〓 ジャニーヌ・ヤンセンにヨハネス・フェルメール賞

2018/09/07

オランダのヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen)が「ヨハネス・フェルメール賞」を受賞することになった。10月29日に授賞式が行われる。賞金は10万ユーロ。「ヨハネス・フェルメール賞」は2008年、 優れた芸術的才能を称えるため、当時のロナルド・プラステルク教育科学文化大臣が新たに創設したオランダの国家賞。最初の受賞者は2009年のピエール・アウディ(演出家)。これまでにアレックス・ファン・ヴァーメルダム(映画監督)、アーウィン・オラフ(カメラマン)、イリス・ヴァン・ヘルペン(ファッション・デザイナー)らがいる。

ヤンセンは1978年、ユトレヒト州スストの生まれ。ユトレヒト音楽院に学び、コーシェ・ウィーゼンビーク、フィリップ・ヒルシュホーン、ボリス・ベルキンら師事している。14歳でオランダ放送交響楽団と共演してデビューして以来、国際的な活躍を続けてきた。ソロ活動に加え、室内楽にも積極的に取り組み、1998年からスペクトラム・コンサーツ・ベルリンのメンバーとしても活躍している。また、2003年にユトレヒトに国際室内楽フェスティバルを創設して自ら音楽監督を務めている。2003年にオランダ音楽賞を受賞したほか、エディソン・クラシック聴衆賞、エコー賞、ドイツ・レコード批評家賞などこれまでに受賞多数。

写真:concertgebouw

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  2. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  3. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  4. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  6. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  7. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  8. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  9. インスブルック古楽音楽祭 〓 チェスティ・バロック・オペラ国際声楽コンクール終了

  10. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  11. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  13. 金沢発 〓 オーケストラ・アンサンブル金沢の新しい音楽監督にミンコフスキ

  14. ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの首席指揮者にエヴァン・ロジスター

  15. チューリヒ発 〓 ゲザ・アンダ国際ピアノコンクールでクレア・フアンチが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。