ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

2019/06/19

スカラ座の理事会が18日、アレキサンダー・ペレイラ総裁の任期を延長しないことを決めた。ペレイラは2014年に総裁に就任、2019年で最初の契約が切れる。後任には、ウィーン国立歌劇場の総裁を2020年で退任するドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)が候補に上がっている。マイヤーはパリ・オペラ座総監督、ローザンヌ歌劇場総監督、シャンゼリゼ劇場総支配人などを歴任している。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. 訃報 〓 指揮者のロジェストヴェンスキー死去

  2. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  3. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  4. ストックホルム発 〓 バリトンのハーゲゴールにセクハラ疑惑、役職辞任

  5. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  6. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。