ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

2019/06/19

スカラ座の理事会が18日、アレキサンダー・ペレイラ総裁の任期を延長しないことを決めた。ペレイラは2014年に総裁に就任、2019年で最初の契約が切れる。後任には、ウィーン国立歌劇場の総裁を2020年で退任するドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)が候補に上がっている。マイヤーはパリ・オペラ座総監督、ローザンヌ歌劇場総監督、シャンゼリゼ劇場総支配人などを歴任している。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. オスロ発 〓 ロストロポーヴィチのチェロはトルレイフ・テデーンに

  2. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  3. ロンドン発 〓 BBC交響楽団の新しい本拠地の建設計画が具体化

  4. 訃報 〓 ハンス・コックス, オランダの作曲家

  5. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  6. 訃報 〓 イタリアの指揮者、クラウディオ・シモーネ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。