ニューヨーク発 〓 アラーニャがメトロポリタン歌劇場《サムソンとデリラ》の第3幕を降板

2018/10/04

メトロポリタン歌劇場の《サムソンとデリラ》の公演で1日、サムソンを歌うロベルト・アラーニャが第3幕を降板する“事件”が起きた。代役に立ったのは、今回の公演でサムソンの3番手に起用されていたクリスチャン・ベネディクト。リトアニアの首都ビリニュス生まれのテノール、ベネディクトは本来、5月28日の公演に出演して歌劇場デビューを果たす予定だった。今回の《サムソンとデリラ》は2018/2019シーズンの開幕公演で、初日は9月24日。

今回の公演はブロードウェイを席巻する演出家ダルコ・トレズニヤックが新演出を手掛けることに加え、2009年の《カルメン》で話題をさらったエリーナ・ガランチャとアラーニャの共演が実現したことで注目を集めていた。ただ、アラーニャは調子がもう一つで、批評もパッとしない。この後、5日、9日、13日、16日、20日の公演で歌うことになっており、最終日20日の公演は「HDシリーズ」でストリーミング放送されることになっている。

写真:Ken Howard / Met Opera


    劇場のサイトへ ▷ [ 新作オペラFLASH 2018 ]で公演をチェック ▷

関連記事

  1. シャイアン発 〓 ソプラノのチェシンスキがグライダーで墜落死

  2. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  4. クリーブランド 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  5. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  6. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。