サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

2018/12/06

サンフランシスコ交響楽団(San Francisco Symphony)が12月5日、次期音楽監督にエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen,60)を迎えると発表した。2020/2021シーズンからで、マイケル・ティルソン・トーマス(73)の後任。ティルソン・トーマスは1995年から音楽監督を25年務めて退任することになる。サロネンは前日の4日、2008年から首席指揮者を務めてきたロンドンのフィルハーモニア管弦楽団を2021年で離れることを発表したばかり。サロネンは1992年から2009年までロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督を務め、2009年からは桂冠指揮者を務めている。

写真:Fidelio Arts


関連記事

  1. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  2. 訃報 〓 フランスの作曲家フランシス・レイ

  3. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  4. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  5. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  6. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。