サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

2018/12/06

サンフランシスコ交響楽団(San Francisco Symphony)が12月5日、次期音楽監督にエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen,60)を迎えると発表した。2020/2021シーズンからで、マイケル・ティルソン・トーマス(73)の後任。ティルソン・トーマスは1995年から音楽監督を25年務めて退任することになる。サロネンは前日の4日、2008年から首席指揮者を務めてきたロンドンのフィルハーモニア管弦楽団を2021年で離れることを発表したばかり。サロネンは1992年から2009年までロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督を務め、2009年からは桂冠指揮者を務めている。

写真:Fidelio Arts


関連記事

  1. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  2. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン, 米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  3. ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

  4. ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

  5. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  6. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。