パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

2018/11/13

若手演奏家の登竜門とされる「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール=le Concours international Long-Thibaud-Crespin」のヴァイオリン部門の本選が10日行われ、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコ(Diana Tishchenko, 25)が優勝した。第2位には米国の金川真弓(Mayumi Kanagawa, 24)、3位はロシアのディミトリー・スミルノフ(Dmitri Smirnov, 24)だった。日本勢では弓新(Yumi Arata, 26)が5位に入賞している。

コンクールは1943年、ヴァイオリン奏者のジャック・ティボーとピアニストのマルグリット・ロンによって創設された。2011年からは声楽部門が新設され、レジーヌ・クレスパン(Régine Crespin)の名前が加えられて現在の名称に。毎年、3部門が交互に行われるスタイル。今回のコンクールの審査委員長はルノー・カプソン。審査員には、コリヤ・ブラッハー、マルタン・エングストローム、ジャン=ジャック・カントロフ、諏訪内晶子、ヤン・パスカル・トルトゥリエ、マキシム・ベンゲロフたちが顔を揃えている。

ティシュチェンコは9月に行われた第2回「上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクール=Shanghai Isaac Stern International Violin Competition」の第3位。金川は日本人の両親を持つ日系アメリカ人。4歳から日本でヴァイオリンを始め、その後、ニューヨークを経て、12歳でロサンゼルスに移る。現在はベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でコリヤ・ブラッハーのもと研鑽を積んでいる。弓は東京都出身で、ライプチヒに留学中。

写真:le Concours international Long-Thibaud-Crespin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  2. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  3. ローマ発 〓 パッパーノがサンタ・チェチーリア管との契約を延長

  4. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  5. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  6. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。