上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

2018/09/02

第2回「上海アイザック・スターン(艾萨克·斯特恩)国際ヴァイオリン・コンクール」で米国のNancy Zhou(25)が優勝した。1位の賞金は10万ドル。ファイナル・ラウンドは8月30日〜9月1日にかけて行われ、2位はチェコのOlga Šroubková(25)で、3位はウクライナのDiana Tishchenko(28)。4位は中国のJia Yi Chen(22)、5位はカナダのChang Yuan Ting(18)、6位は中国のYun Tang(26)。

優勝したZhouはテキサス州生まれで、ニューイングランド音楽院で学び、2012年の「エリザベート王妃国際音楽コンクール」セミ・ファイナリスト、2015年の「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」のファイナリスト。「アンネ=ゾフィ・ムター財団」の奨学生でもある。

コンクールは、20世紀を代表するヴァイオリンの巨匠アイザック・スターン(1920-2001)を記念して設立されたもの。上海交響楽団の主催。審査員はザハール・ブロン、マキシム・ベンゲロフ、フィリップ・セッツアー、マーティン・キャンベルホワイトら15名。第1回のコンクールが2016年に開催され、日本の木嶋真優(32)が優勝している。

スターンは1979年6月、中国の周恩来外相の招待に応じ、西側のアーティストとしてはいち早く訪中。家族やピアニストなどを伴い、1ヵ月にわたって滞在するなど、中国とは縁が深い。滞在中、各地を訪れ、公開レッスンやコンサートを行っており、ドキュメンタリー映画『毛沢東からモーツァルトヘ – 中国のアイザック・スターン』が製作され、1980年に公開されている。

写真:Sibelius Violin Competition

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  2. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  3. パリ発 〓 第4回「エフゲニー・スヴェトラーノフ国際指揮者コンクール」終了

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  6. アムステルダム発 〓 ハイティンクが引退を表明

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。