ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

2019/02/27

フォルクス・オパー(Volksoper)で25日夜に行われた《ポーギーとベス》の千秋楽の公演で、体調を崩した歌手の代わりに指揮者が急きょ指揮台でそのパートを歌うという珍事が起きた。代役として歌ったのは、表情豊かな指揮ぶりで“踊る指揮者”として人気を集めるヨーゼフ・オレフィロヴィッツ(Joseph R. Olefirowicz)。演奏会形式による上演だったこともあり、歌えなくなったロビンズ役のアレクサンダー・ピンデラク(Alexander Pinderak)に代わり、そのパートを指揮台の上から客席に向かい、演技しながら歌ったという。もちろん、会場は拍手喝采。オレフィロヴィッツは公演後、「ロビンズの出番は第1幕だけだったのでなんとかなった」と現地メディアに語っている。

写真:Volksoper Wien




関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルハーモニックが「不正行為」を理由に楽団員二人を解雇

  2. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  3. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  4. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が2019/2020シーズンの公演スケジュールを発表

  5. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  6. 訃報 〓 ハンス・コックス, オランダの作曲家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。