ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

2019/02/27

フォルクス・オパー(Volksoper)で25日夜に行われた《ポーギーとベス》の千秋楽の公演で、体調を崩した歌手の代わりに指揮者が急きょ指揮台でそのパートを歌うという珍事が起きた。代役として歌ったのは、表情豊かな指揮ぶりで“踊る指揮者”として人気を集めるヨーゼフ・オレフィロヴィッツ(Joseph R. Olefirowicz)。演奏会形式による上演だったこともあり、歌えなくなったロビンズ役のアレクサンダー・ピンデラク(Alexander Pinderak)に代わり、そのパートを指揮台の上から客席に向かい、演技しながら歌ったという。もちろん、会場は拍手喝采。オレフィロヴィッツは公演後、「ロビンズの出番は第1幕だけだったのでなんとかなった」と現地メディアに語っている。

写真:Volksoper Wien




関連記事

  1. モスクワ発 〓 新ホールの落成ガラ・コンサートをストリーミング配信、指揮はゲルギエフ

  2. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  4. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  5. ピッツバーグ発 〓 ピッツバーグ交響楽団が音楽監督のマンフレート・ホーネックとの契約を延長

  6. カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。