ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

2018/05/17
【最終更新日】2018/05/18

指揮者のサカリ・オラモ(Sakari Oramo)が、2013年から首席指揮者を務めてきたBBC交響楽団(BBC Symphony Orchestra)との契約を延長した。任期は2022年まで伸びる。BBC交響楽団はロンドンが拠点で、英国放送協会(BBC)が英国内に所有している複数の放送オーケストラの中の頂点。オラモは1965年、フィンランドの首都ヘルシンキの生まれ。シベリウス音楽院でヴァイオリンを学んで、フィンランド放送交響楽団(Finnish Radio Symphony Orchestra)に入団、コンサートマスターを務めた。

その後、母校に戻って指揮者としての研鑽を積み、1993年に指揮者としてオーケストラに戻って副常任指揮者となった。1999年にはバーミンガム市交響楽団の音楽監督に就任( – 2008 )。その後、2003年から2012年までフィンランド放送交響楽団の首席指揮者を務めた。現在はBBC交響楽団の他、フィンランドのコッコラ歌劇場(West Coast Kokkola Opera)の首席指揮者(2006 – )、スウェーデンのロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Stockholm Philharmonic Orchestra)の音楽監督(2008 – )も兼務している。

写真:BBC / Chris Christodoulou

関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  2. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  3. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  4. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  5. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  6. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  7. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  8. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  9. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  10. ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

  11. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  12. ロサンゼルス発 〓 ギレンホール主演でバーンスタインの生涯を映画化

  13. サンパウロ発 〓 サンパウロ交響楽団の次期音楽監督にティエリー・フィッシャー

  14. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー, オーストリアのフルート奏者

  15. ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。