マルメ発 〓 次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ

2018/08/22

スウェーデン南部の都市マルメを本拠地とするマルメ交響楽団が次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ(Robert Trevino)を指名した。2011年から音楽監督を務めてきたマルク・スーストロの後任で、着任は2019/2020シーズンから。

マルメ交響楽団は1925年の創設。以前はマルメ歌劇場のピットにも入っていたが、現在はマルメ・コンサートホールを拠点に、シンフォニー・オーケストラとして活動している。歴代の首席指揮者にはジェームズ・デプリースト、パーヴォ・ヤルヴィ、ヴァシリー・シナイスキーらがおり、BIS、Naxosに録音も多い。

トレヴィーノは1983年、米国生まれの35歳。2003年に20歳のでシンシナティ交響楽団のアソシエート・コンダクターとしてプロ・デビュー。その後、ニューヨーク・シティ・オペラのアソシエート・コンダクターなど務め、2011年にロシア・ボリショイ劇場で《トスカ》を指揮して空前の大成功を収め、一躍国際的な注目を集めた。また、この年のタングルウッド音楽祭でレヴァインより小澤征爾フェロー賞に選出されている。

2017/2018シーズンからスペインのバスク国立管弦楽団(Basque National Orchestra=Orquesta Sinfónica de Euskadi)の首席指揮者。昨年6月には契約を更新、任期が2021/2022までに伸びており、マルメ交響楽団のポストを兼任するという。

写真:robert-trevino.com

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  3. 訃報 〓 中国音楽界の最長老、指揮者の韓中傑が死去

  4. ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

  5. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  6. サンタンデール音楽祭 〓 2018年の音楽祭プログラムを発表

  7. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  9. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  10. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  11. グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  12. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  13. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  14. ミュンヘン発 〓 ヨナス・カウフマンが結婚式

  15. ルツェルン音楽祭 〓 音楽祭は夏だけに!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。