マルメ発 〓 次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ

2018/08/22

スウェーデン南部の都市マルメを本拠地とするマルメ交響楽団が次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ(Robert Trevino)を指名した。2011年から音楽監督を務めてきたマルク・スーストロの後任で、着任は2019/2020シーズンから。

マルメ交響楽団は1925年の創設。以前はマルメ歌劇場のピットにも入っていたが、現在はマルメ・コンサートホールを拠点に、シンフォニー・オーケストラとして活動している。歴代の首席指揮者にはジェームズ・デプリースト、パーヴォ・ヤルヴィ、ヴァシリー・シナイスキーらがおり、BIS、Naxosに録音も多い。

トレヴィーノは1983年、米国生まれの35歳。2003年に20歳のでシンシナティ交響楽団のアソシエート・コンダクターとしてプロ・デビュー。その後、ニューヨーク・シティ・オペラのアソシエート・コンダクターなど務め、2011年にロシア・ボリショイ劇場で《トスカ》を指揮して空前の大成功を収め、一躍国際的な注目を集めた。また、この年のタングルウッド音楽祭でレヴァインより小澤征爾フェロー賞に選出されている。

2017/2018シーズンからスペインのバスク国立管弦楽団(Basque National Orchestra=Orquesta Sinfónica de Euskadi)の首席指揮者。昨年6月には契約を更新、任期が2021/2022までに伸びており、マルメ交響楽団のポストを兼任するという。

写真:robert-trevino.com

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  2. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  3. ザルツブルク発 〓 イースター音楽祭総裁のペーター・ルジツカに名誉カップ

  4. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ロンドン発 〓 サイモン・キーンリーサイドにナイトの称号

  6. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。