ベルリン発 〓 バレンボイムが健康上の理由から、5月1日のベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」の指揮から降板

2024/04/23
【最終更新日】2024/04/26

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月1日の「ヨーロッパ・コンサート」を指揮する予定だったダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)の降板を発表した。今年は1991年の創設以来初めてヨーロッパ域外に飛び出し、ジョージアのツィナンダリで開催される。

発表によると、降板は健康上の理由。バレンボイムはそれに先立つ4月26日と27日のベルリン・フィルとのコンサート、5月2日のトビリシでのコンサートも降板する。代役はダニエル・ハーディングで、2019年のパリ・オルセー美術館に続いて2度目の登板。

プログラムの変更はなく、ベートーヴェンの交響曲第5番とブラームスのヴァイオリン協奏曲。ソリストにはジョージア出身の世界的ヴァイオリニストで、オーケストラの2023/2024シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」でもあるリサ・バティアシュヴィリが起用される。

ベルリン・フィルの「ヨーロッパ・コンサート」は1991年、ヘルベルト・フォン・カラヤンの後を受けて首席指揮者・芸術監督に就任したクラウディオ・アバドのアイデアで創設されたもの。楽団の創設記念日である5月1日に毎年、ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物で行われてきた。

写真:Deutsche Grammophon


関連記事

  1. パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

  2. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭、2025年のオペラは《蝶々夫人》

  3. リッチモンド発 〓 メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールでマリア・ドゥエニャスが優勝

  4. フィレンツェ発 〓 演出家の故フランコ・ゼフィレッリの生誕100年、イタリアでは切手も

  5. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  6. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン(89)米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  7. フィラデルフィア発 〓 ヤニック・ネゼ=セガンがフィラデルフィア管と契約更改、任期を2030年まで延長

  8. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場の音楽総監督に英国の指揮者レオ・マクフォール

  9. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  10. シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  11. カールスルーエ発 〓 バーデン州立劇場が音楽総監督のゲオルク・フリッチュとの契約を延長

  12. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  13. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  14. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  15. モンペリエ発 〓 モンペリエ国立オペラが《ウエルテル》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。