訃報 〓 永田穂、コンサート・ホールの音響設計の世界的パイオニア

2018/08/23
【最終更新日】2018/09/13

ホールの音響設計の世界的パイオニア、永田穂(ながた・みのる)氏が8月7日に亡くなった。享年93歳。後日、「お別れの会」が行われる。1925年(昭和元年)4月、福岡県生まれ。1949年、東京大学第一工学部計測工学科を卒業してNHKに入局。技術研究所音響研究部で建築音響関係の業務を担当。西ドイツ留学を経て、音響研究部の主管、部長を歴任した。1971年にNHKを退職、1974年に「永田穂建築音響設計」を設立してホールの音響設計の草分けとして国内外のさまざまなホールの“響”を創り上げた。音響設計を手掛けたホールには、サントリーホール、札幌コンサートホール(Kitara)、ハーモニーホールふくい、すみだトリフォニーホール、北九州市立響ホール、東京芸術劇場大ホール、上野学園石橋メモリアル新ホール、紀尾井ホール、トッパンホール、水戸芸術館コンサートホールATMなど、国内外に多数ある。

写真:永田音響設計

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. オタワ発 〓 オタワ交響楽団が3Dプリンター製のヴァイオリンでコンサート

  2. ニューヨーク発 〓 作曲家のタン・ドゥンがバード音楽院のトップに

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

  4. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  5. 訃報 〓 コンセルトヘボウ管弦楽団の名コンサートマスター、ヘルマン・クレバース

  6. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。