香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

2020/12/01

マカオ出身の指揮者リオ・クオクマン(Lio Kuokman=廖国敏)が香港フィルハーモニー管弦楽団(Hong Kong Philharmonic Orchestra)の常任指揮者に迎えられることになった。新型コロナウイルスの世界的感染を受け、2012/2013シーズンから音楽監督を務めるヤープ・ファン・ズヴェーデンの訪香が難しくなることを危惧しての対応とみられる。

リオはマカオ生まれの39歳。香港演芸学院、ジュリアード音楽院、カーティス音楽院、ニューイングランド音楽院でピアノと指揮を学び、2014年のスヴェトラーノフ国際指揮者コンクールで最高位を獲得。2016年までフィラデルフィア管弦楽団でヤニック・ネゼ=セガンの副指揮を務めていた。2020年にはマカオ国際音楽祭のプログラム・ディレクターに就任している。

写真:IMG Artists


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  2. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  4. サンフランシスコ発 〓 カリフォルニア州で再度のロックダウン、サンフランシスコ・オペラはドライブインシアター 「トスカ」を延期

  5. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  6. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  7. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  8. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場管が2021年の夏にヨーロッパ・ツアー

  10. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  11. 訃報 〓 ヤン・クレンツ, ポーランドの指揮者・作曲家

  12. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  13. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  14. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  15. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。