ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」は2023年もネルソンス

2024/01/25

英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が先頃、恒例の公演数を元にした年度ランキングを発表した。それによると、2023年の「最も忙しい指揮者」は(コンサートを指揮した回数で)アンドリス・ネルソンスだった。2018年にワレリー・ゲルギエフを抜いてから第1位をキープしている。

2位以下はクラウス・マケラ、パーヴォ・ヤルヴィ、ヤクブ・フルシャ、マンフレート・ホーネックで、6位にファビオ・ルイージ。驚くのは、96歳のヘルベルト・ブロムシュテットが第10位にランキングされていることで、ロシアのウクライナ侵略絡みでゲルギエフをはじめ、サイモン・ラトルもベスト10から外れている。

一方、「最も忙しいオーケストラ」は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、ボストン交響楽団と、米国のオーケストラが上位5位を占めた。意外なところで、イタリアのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団がロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を抑えて第6位にいる。

ピアニストに目を転じると、公演数でトップに立つのが、キリル・ゲルシュタインがユジャ・ワンを抑えて第1位。2位はダニール・トリフォノフで、チョ・ソンジンが3位に躍進した。4位にユジャ・ワン、その下にヴィキングル・オラフソンという順番。

オペラの上演ランキングは、モーツァルト《魔笛》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、プッチーニ《蝶々夫人》、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》、ヴェルディ《椿姫》、モーツァルト《フィガロの結婚》、プッチーニ《トゥーランドット》、プッチーニ《トスカ》、ビゼー《カルメン》、ヴェルディ《アイーダ》がベスト10を占めている。

写真:Boston Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  2. マルティナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭が開催を決定

  3. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  5. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  6. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  7. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  8. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  9. 訃報 〓 服部克久(83)日本の作曲家

  10. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  11. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー(85)オーストリアの指揮者

  12. ロンドン発 〓 ブリン・ターフェルがイングリッシュ・ナショナル・オペラ存続のための嘆願活動

  13. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管弦楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  14. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー(86)ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  15. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。