ロンドン発 〓 オペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ」が2021年上演の《薔薇の騎士》をストリーミング配信

2021/10/31

英国の夏のオペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ=Garsington Opera」が10月30日から、2021年に上演したリヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》のストリーミング配信を始めた。配信はYouTubeのオペラ・ヴィジョンのチャンネルなどを使って来年の4月29日まで行われる。

ロンドン郊外で行われているフェスティバルは例年、6〜7月にガラス張りのパビリオンでオペラ4作品の上演が行われている。ピットには2017年からフィルハーモニア管弦楽団が入っており、2020年からはイングリッシュ・コンサートも加わっている。

ストリーミングされる《薔薇の騎士》の公演はブルーノ・ラヴェッラの演出。指揮はジョーダン・デ・ソウサ、歌手陣は元帥夫人にミア・パーション、オクタヴィアンにハンナ・ヒップ、ゾフィーにマディソン・レナード、オックス男爵にデリック・バラードらが起用されている。

フェスティバルは2022年夏、モンテヴェルディ《オルフェオ》、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》、ドボルザーク《ルサルカ》、ブリテン《ねじの回転》に加え、英国の女流作曲家ロクサンナ・パヌフニクの新作《ダリア》を上演する。

写真:Garsington Opera


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  2. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  3. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  4. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  5. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  6. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  7. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  8. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  9. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  10. ミュンヘン発 〓 ゲルントナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

  11. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

  12. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  13. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  14. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  15. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。