ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

2018/11/10

ジュネーブ国際音楽コンクール(Geneva International Music Competition)ピアノ部門の本選が8日に行われ、ロシアのドミトリー・シシキン(Dmitry Shishkin, 26, 写真左)、フランスのテオ・フシュヌレ(Théo Fouchenneret, 24, 写真右)が1位を分け合った。3位はタイのサン・ジッタカーン(San JIttakarn, 25, 写真中)。シシキンは2015年ショパン国際コンクールの6位で、聴衆賞などいくつかの副賞も受賞した。

コンクールの創設は1939年。その後はほぼ毎年開催されているが、なかなか優勝者を出さない権威あるコンクールとして知られる。歴代の優勝者にはアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、ゲオルク・ショルティ、フリードリヒ・グルダ、マルタ・アルゲリッチ、オーレル・ニコレ、ハインツ・ホリガー、モーリス・アンドレなどがいる。現在はピアノ、弦楽四重奏、フルート、クラリネット、チェロ、ヴィオラ、声楽、打楽器、作曲の部門を持つ。

2018年はピアノ部門とクラリネット部門の開催。ピアノ部門には250人が応募。事前審査を経て、15カ国の48名(18-29歳)が予選に進んだ。審査委員長はホアキン・アチュカロで、オルテンス・カルティエ=ブレッソン、ピーター・ドノホー、伊藤恵、ビョルン・レーマン、セドリック・ペシャ、アンドレイ・ピサレフという顔ぶれ。この後、クラリネット部門の本選が14日に行われる。

写真:Geneva International Music Competition / annelaure lechat


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  2. ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

  3. オランジュ音楽祭 〓 《セビリアの理髪師》を8月2日未明にストリーミング配信

  4. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  6. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。