ウィーン発 〓 メータが「オペルンバル」の指揮をキャンセル

2019/01/22

ガン治療から昨年秋に現場復帰したズービン・メータ(Zubin Mehta)が24日に行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の「オペルンバル」の指揮をキャンセルした。代役はダニエル・ハーディングが務める。メータは長く務めてきたイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を2019を持って退任することが決まっている。2月には退任前最後の米国ツアーが予定されていたが、これもキャンセルすることになった。こちらの代役は2020年から音楽監督に就任するラハフ・シャニ(Lahav Shani)が務める。

写真:American Friends of the Israel Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  2. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  3. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  4. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  5. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  6. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。